「いま何番」システム概要

いま何番?の仕組み

番号札を渡します 診察番号更新と順番のチェック

病院側の操作方法

「いま何番」にログインします。

1番から順に「番号カード」を患者様に渡していきます。

次に診察する方の番号に更新し、患者様を呼び出します。

患者様から番号カードを回収します。この繰り返しです。


患者側の操作方法

受付で「番号カード」を受け取ります。

QRコードから「現在の診察番号」にアクセスします。

自分の番が近づいたら病院に戻ります。

自分の番号になったら、受付でカードを返し、診察を受けます。



いま何番?の導入に必要なもの

いま何番?の導入に必要なもの

「いま何番?」は発券機などの高価でメンテナンスのかかる機器が一切不要です。パソコンと受付番号シートがあれば簡単に導入できます。パソコンは現在の診療番号を更新するために使います。(スマートフォンやタブレットでも対応可能)



いま何番?の運用方法


いま何番?の運用方法 院内モニター付

受付のスタッフが「現在の診察番号」をパソコンで更新します。すると院内のモニターと、お客様確認用の「診察番号確認用サイト」の番号が連動し、自動的に更新されます。お客様は自分の携帯(スマホ)と、院内モニターの両方で今の診察番号を確認できます。

待合室のモニターの代わりに、パソコンディスプレイを受付カウンターの上に置いて運用したり、タブレットを代用しておられる病院様も多くおられます。
*待合室のモニターの詳しい接続方法はこちらを御覧ください。



いま何番?の運用方法 院内モニターなし

受付のスタッフが「現在の診察番号」をパソコンで更新します。すると、お客様確認用の「診察番号確認用サイト」の番号が連動し、自動的に更新されます。お客様は自分の携帯(スマホ)で今の診察番号を確認できます。

パソコンの代わりに、タブレットやスマートフォンでも代用が可能です。

無料お試し申し込み

いま何番?問い合わせ
デモ画面 無料試用申し込み メディア情報